◆会員数: 76名(2013/09/07)

◆年間活動スケジュール
       1月: 新春食事会
       4月: 通常例会
     7~9月: 通常例会または企画旅行
      10月: 通常例会または企画旅行

◆場所: かながわ県民センター

◆会費: 入会金・年会費 なし   例会費 ¥500(夫婦は¥600)

◆申込先: 四位正名(しい まさな)   e-mail: meshii@pwach.ocn.ne.jp   tel: 045-623-0423



 お知らせ事項はありません。
 


              第79回「春の定期例会」報告

                                        (工藤君明)
 
WSCよこはま地区懇「春の定期例会」を2016年5月2日(月)に、かながわ県民センターで開催しました。参加者数は16名でした。

最近は、市民活動がとても活発で、便利で安価な会議室がなかなかとれなくなっており、やむなく大型連休のど真ん中になってしまい、家族サービスなどで都合がつかない会員が多かったものと反省しております。
会の運営には、会場確保にも頭を悩ませないといけなくなっています。
 さて、例会はいつものとおり3部構成で、企画旅行の紹介、会員のフリートーク、旅に関する講演でした。

第1部:WSCの旅
①国内旅行:紅葉真っ盛りの大内宿散策と会津若松、東山温泉を楽しむ旅
 よこはま地区懇が提案する本年度の旅行会について、児玉穎子さんと池添満利子さんが概要を説明しました。
 期間は10/25~10/27、江戸時代そのままに保存されている会津の宿場町「大内宿」を紅葉のシーズンに訪ねて散策を楽しみ、温泉につかって絶景を望み、会津の歴史をたどり、ご馳走を味わいながら語り合う、贅沢な旅となることが期待できます。
磯辺一郎さんが大内宿での体験談を紹介してくれました。

②企画旅行: 超高齢化時代の海外旅行(カナダ旅行を前に)
四位正名会員が、6月末から2週間の予定で企画するベストシーズンのカナダ旅行、バンクーバーやカナディアン・ロッキーの旅を紹介しました。
参加予定者の平均年齢は78歳、超高齢者のグループ旅行は世界でも珍しいことだそうです。
企画してから、いざ実行するまで健康が保てるか、旅行中の健康管理やコミュニケーションはどうか、そもそも相手国が受け入れてくれるのかなど、さまざまなリスクやその対策について紹介してくれました。
この体験は、WSCの皆さんにとっても貴重なものとなることでしょう。

第2部:フリートーク
会員の皆さんから、最近行かれた旅の思い出や健康問題などが語られました。小澤信也会員が久々に出席されて、パリの旅について語ってくれました。
パリには10回行ったが、パリの街は変わらない、行くたびに建物の石に触ってみて、再会できたことを喜ぶのだそうです。
よこはま地区懇の前々代表の佐々木宏さんは、かつて横浜のランドマークであった三つの塔(キング・クィーン・ジャックの塔)をめぐるウォーキングを紹介されました。何と、このうちクィーンの塔は自分と同じ歳なのだとか。横浜三塔がとても親しいものになりました。
ほかにも多くの方から、メコン川やカリブ海などのクルーズの旅、カナダ・ニューヨークの旅、アブダビの旅、オーロラ観光の旅、WSC企画のルーマニアの旅、イタリア・ロマネスクの旅、トルコの旅などが紹介されました。
皆さんがそれぞれ元気に旅を楽しんでおられることが感じられる一時でした。

第3部:講演
①旅と人情:夫婦げんかの作法
 工藤君明よこはま地区懇代表は、「夫婦げんか」について講演しました。旅の楽しみ方は人それぞれですが、人情に触れることができればますます楽しくなります。
しかし現実には、美しい景色や由緒のある建物や景観などと違って、容易には感じとれないものです。旅先で「夫婦げんか」を目にすることはめったにありません。犬も食わないという夫婦げんかは日本だけらしい。夫婦げんかをしているな、とわかるのがイタリア人。古代のローマには「夫婦げんか」の守護神がおりました。ルールは1回に1人からしか相談を受けないこと。神様に相手の非を交互になじっているうちに、いつの間にか仲良くなるというものです。
中国では、夫婦げんかが始まると外に飛び出してどなりあい、野次馬に相手の非を説明して、そのうち野次馬代表が仲裁します。
妻が夫を人前でののしり、意気揚々と引揚げていく国もあります。
夫婦げんかは辞書には「夫婦の喧嘩」としかありませんが、実はいかに仲直りするかが、一番重要なことなのです。国同士の争いも、国民の夫婦げんかを深く考察すれば、仲直りの仕方がわかるかもしれません。

②世界の旅:サンチャゴ巡礼とロマネスクの旅
 WSC会員の駒井五郎さんに、サンチャゴ巡礼について講演をしていただきました。
駒井さんは、四国八十八カ所遍路を48日で結願され、一昨年にサンチャゴ巡礼、昨年からイタリアのロマネスク美術を巡る旅を開始、昨年は北イタリア、本年は南イタリア、来年は中央イタリアを巡る予定にしておられます。
 サンチャゴ巡礼の道は、フランスのパリなど各地からピレネーの山を越え、キリストの使徒である聖ヤコブの墓があり、大西洋に面した聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指して歩くというもの。その道すがらでは、中世の面影を残す街や教会、また険しい自然に出会うことができるという。
駒井さんは、フランスからの代表的な巡礼路の一つである南フランスのル・ピュイから、1,600kmを70日間で達成されました。映像での紹介が主だったのですが、まるで祈りの旅のように仕上げてありました。
 同行された奥さんの歩く後ろ姿がずっと映っております。たぶん駒井さんが追い越せなかったからなのかしら。
 基礎知識として、かつてイスラム教徒がアフリカ側から侵入してイベリア半島を征服した時、北スペインのアストゥリアに小さなキリスト教国が残されましたが、イスラム教徒は寛容にも、というか、うかつにもというべきか、これを無視したことで、後のレコンキスタ(キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動)の出発点になったということを教えてもらいました。
 スペインを旅行するときは、キリスト教とユダヤ教とイスラム教などの融合した文化をどのように理解するかが肝心です。とても参考になりました。 
                     




              旅行会(第76回例会)の報告

                                        (工藤君明)

 よこはま地区懇が主催する今年の旅行会は、横浜駅から「直行バスで行く那須高原への旅」でした。

 期間は、2015年5月13日(水)~15日(金)の3日間、費用は基本料金28,600円、広大な自然林に抱かれた那須最大のリゾートホテル、エピナール(ほうれん草)那須でゆったりとした時を過ごしました。 四位正名さんがリーダーで14名の参加でした。

 ツツジの開花は、例年だと1週間後の5月下旬といわれていたのですが、今年は温暖であったために、ちょうど見頃の満開と重なり、ラッキーでした。ホテルの周りには家族向けの様々な観光施設が点在しており、観光周遊バス(愛称:QBバス)で巡ることができます。ホテルから乗車して、“はとバス”みたいにぐるっと回って45分、またホテルに戻ってきます。山の近くを走るときは、標高が高くなるので、林の中にツツジの赤い花がたくさん見えました。

 ところで、どうしてQBバスという名前なのか、散髪の「QBカット」とも関係なさそうだし、幾ら考えても想像がつきません。何だろうね、と話していたら、運転手が聞きつけて解説してくれました。昔々、都に尾が九つもある妖狐がいて、玉藻前という美しい女性に変怪し、鳥羽上皇に寵愛されていた。やがて上皇は病に伏せてしまった。陰陽師の安倍晴明に玉藻前のしわざと見抜かれ、九尾の狐に戻り、那須野に逃げていき、そこで討伐軍に討たれ、巨大な毒石になった。それが那須の殺生石だというのです。その伝説にあやかり、「QB(九尾)」バスなのでした。

 2日目は全員で「那須平成の森」の散策です。ここは近年までほとんど人が立ち入ることのなかった那須御用邸の一部を、天皇在位20年を機に、多くの国民が豊かな自然と触れ合えるようにと開放されたものです。

 今回はそのうちの一部である「ふれあいの森」の遊歩道をのんびり散策することにしました。入口で「ゴヨウツツジ(シロヤシロ)」の白い花が出迎えてくれました。ところで、この森にバスで来る途中、谷に架かる吊り橋と真っ赤に燃えるようなツツジの群落を見ながら通過してきたのです。 そこで衆議一決、3日目は、那須ロープウェイで茶臼岳に登ること、八幡のツツジ群落を見にいくこと、そして「ツツジの吊り橋」を揺らすことになりました。

 那須といえば那須駒の産地です。八幡のツツジ群落は、ガイドの説明によると、レンゲツツジの葉には毒があり、放牧した馬を囲っておくために植えられたものが、自然に群落となったものだそうです。
 ロープウェイで登った茶臼岳の九合目(1684m)からも、麓に横たわる真っ赤な長い帯がはっきりと見えていました。

 そして那須といえば、吊り橋です。「…道あれば水あり、水あれば橋あり」とは、尾崎紅葉が「金色夜叉」で那須塩原の地形を描写したものです。那須高原はそこからちょっと離れておりましたが、渓谷に架かる吊り橋からの眺めはすばらしいものでした。