◆会員数: 40名 (2013年9月現在)

◆年間活動スケジュール: 原則年3回、1月、4月、9月に開催、終了後は毎回懇親会を開催している

◆場所: ・1月はさいたま市大宮区の氷川の杜文化館
       ・4月、9月は川口市のかわぐち市民パートナーステーションの会議室
        (会議室が確保できないときは開催月が変わる可能性がある)

◆内容: 会員の親睦を主な目的としている
       ・1回の地区懇では原則4演題(1演題45分)を行っている
       ・講演者選出、依頼は事務局(松田弘之副代表)が当たり、講演者との話し合いで演題を
        決めている
       ・必要に応じプロジェクタ、スクリーン等の準備も行う

◆連絡方法: ・地区懇の日程、講演者、講演内容が決まったらメールや郵便で案内を会員に送付する

          ・案内通知は「埼玉県及び近郷在住 NPO法人ワールドステイクラブ会員、賛同者の皆様」
          あてに送付、会員の友達ならば非会員でもかまわないとして出席の勧誘をしている
          ・出欠の返事は懇親会も含めて地区懇の3週間前に貰っている

◆会費: 無料 (入会金 なし)

◆申込先: 田上有三   e-mail: qq7h9h3d@theia.ocn.ne.jp     tel: 048-597-2050

      





     お知らせはありません





                さいたま地区懇開催(4月24日)

さいたま地区懇が2016年4月24日(日)13:30~16:40に、かわぐち市民パートナーステーションにて開催されました。
冒頭、本年度地区懇世話人選出の後、講演実施。講演内容は以下の通りです。

1. 日本の孤独、フィリピンの喧騒、老後は喧騒に生きる
(根本憲夫氏 テクニカルブレイン株式会社)
フィリピンは7,107の島からなり、日本からは4時間のフライトで行ける。時期は11月~2月が良い。フィリピン人はホスピタリティー豊かで年寄りに優しい、今日楽しければいいなど、物事に楽観的。
日本とフィリピンの比較(平均年齢47歳と23歳、平均寿命男性80歳、女性86歳と男性69歳、女性79歳、60歳以上の人口比率30%と7%等)。
フレンドシップクラブの紹介。
夜の一人歩きは怖いので車で移動、スリも多い、救急車で運ばれてもお金がないと見てくれない。

2. 溢れ出す自然の神秘、コスタリカ・アリバダ
~世界最大級ヒメウミガメの一斉産卵~
(安藤雅子氏 オンリーワントラベル株式会社)
コスタリカまでは北米でトランジェットし19時間から23時間かかる。パリのオペラ座を模範に作ったコスタリカ国立劇場が有名。コーヒー、バナナもおいしい。温泉もあるが水着を着て入る。アリバダ中心に旅行をすると費用も60万ほどで高い。
8月~12月の月の3日間でヒメウミガメの一斉産卵がある。

3. 真田丸―真田信繁(幸村)を中心に
(山口繁男氏 深谷市教育委員会)
戦国時代。関ヶ原の合戦までの群雄割拠の中で各大名の動きを面白く語られた。聞いていて面白かった。
関ヶ原では真田家は信繁(幸村)が豊臣につき、昌幸親子は徳川につき敵味方になる。お家はどちらが勝っても残る。
大阪城外堀の外に出城の真田丸を作るが大阪冬の陣で破壊され、その後の夏の陣で徳川は安泰になる。四谷の上智大学グランドが真田掘りの跡をとどめる。

4. 事務局報告
2015年会計報告。今日の懇親会の案内。
2016年WSC総会、懇親会の案内。
地区懇参加者13名、その後、近くの無国籍居酒屋にて懇親会を催しました。
懇親会参加者は9名で、楽しい一時を和気あいあいと過ごしました。
次回さいたま地区懇は8月31日(水)午後、今日と同じくかわぐち市民パートナーステーションにて開催します。

                                 (田上有三)



                さいたま地区懇開催(1月24日)

 さいたま地区懇が2016年1月24日(日)15:00~17:00に、さいたま市氷川の杜文化館にて開催されました。講演内容は以下の通りです。

1. ウィーン シェーンブルン宮殿とシェーンブルン動物園 
(村上 有三氏 WSC会員・ヨーロッパクラブ代表)
オーストリアの言語はドイツ語だが、イタリアっぽい雰囲気。ウィーンの中心シュテファン大聖堂から5km西南にシェーンブルン宮殿が位置する。
グロリエッテ(展望台)は4月からオープン。土、日は地元の人も訪れる。シェーンブルン動物園は世界最古の動物園で500種類の動物がいる。マリア・テレジア(マリーアントワネットの母)の夫が作ったのが始まり。ライオン、パンダ、ペリカン、フラミンゴなど数多い。
3月9日からのウィーン旅行を企画、募集中。20周年記念で行った台北動物園に触れられた。

2. 楽しいダンスで、健康に 
(笹野美代子氏 WSC会員)
新大久保の区民センター、多目的ホールにて2カ月に1回開催している。
ダンス後の懇親会も駅前の居酒屋でやり、これもまた楽しい。
老いても外出する、運動する、人と会う、話をするのが若さを維持するには必要で、社交ダンスは最適。
私も昔は虚弱体質、不眠症、ストレスを溜めやすいなどの症状があったが、ダンスをすることによって健康になった。家での食事、ビールもおいしい。
ダンスにはワルツ、タンゴ等のスタンダードとルンバ、チャチャチャ、サンバ等のラテンがある。基本をもとにしっかり踊りたい。
ダンス同好会の歴史、横浜会などにも触れられた。健康のためには自分の好きなこと、自分にあったことをやるのが一番。

3. 事務局報告
①昨年はWSC創立20周年を記念して5月~6月にかけて台北旅行、11月に上野東天紅にて祝賀会を開催、参加者63名。今年2月に20周年特集号を配布予定。
②本日の新年会の注意点について。
③次回さいたま地区懇は4月24日(日)午後、かわぐち市民パートナーステーションにて開催予定。
地区懇参加者10名、その後近くの大村庵にて新年会を催しました。
新年会参加者は6名で、少人数ながら楽しい一時を和気あいあいと過ごしました。

                                 (田上有三)



                さいたま地区懇開催(2015年10月2日)

 さいたま地区懇が2015年10月2日(金)13:30~17:00に、かわぐち市民パートナーステーションにて開催されました。

 講演内容は以下の通りです。

1.「夏目漱石の倫敦留学について」 (近藤祐司氏 NPO法人漱石山房 理事長)

  「吾輩は猫である」を書いて大反響があり、「坊ちゃん」などの作品を書いていく。

 明治維新以降、近代化する日本の「文明」や「人間」がどのように変化してきたかを小説で語る。松山中学から五高を経て倫敦留学へ行く。横浜から倫敦までは途中のパリ万博を経て40日ほどかかった。倫敦は物価高などで5回ほど引越しをする。倫敦は漱石にとっては暮らしにくかった。


2.「喜びの原点」  (糸井竹夫氏 前WSC会員)

 ゴルフ、テニス、ホノルルマラソン、トレッキングなどの他にもニュージーランド、マレーシアへのロングステイ、旅のスケッチ活動など好奇心旺盛な暮らしぶり。孫との付き合いでも認めて、ほめてやることが必要。

 植物でも個性に合った育て方が必要で、最後は自分次第。今あるもので最大限に暮らす知足の生活。楽しいイメージを持ってやる一歩踏み出す勇気が必要。


3. 朗読「1万人目のプレゼント」他  (佐藤允子 WSC会員)

 久し振りの朗読で緊張の中、いい話が聞けた。1万人目のお祝いのお客が飛び込みの客で大変だったが、最後は心温まる話。時間に余裕があったので昔行かれたモンゴルの話をされた。

 遊牧民のモンゴル人には財産は家畜、特に馬は争いの種になるほどの価値がある。夏は40度、冬はマイナス40度の気候。1206年ジンギスハンがモンゴルを統一。宗教はシャーマニズム。


4.「老後をウクレレで楽しく」  (岡本健次郎氏 WSC会員)
 ウクレレは手軽に弾ける、独学ができる(講座を受けるが早道か)、楽器も2~3万円で手に入る、持ち運びが簡単、皆と弾いて歌える楽しさ、声を出して歌い、指を動かすのでボケ防止で健康にも良い。

 日本の歌3曲(故郷、浜辺の歌、里の秋)メドレーの後、鈴懸の径、花は咲く、さくらさくら、枯葉、ハワイ・アロハを演奏。ウクレレ演奏の良さを堪能しました。


5. 事務局報告

 今日の懇親会の件、11月17日(火)WSC20周年祝賀会(上野池之端の東天紅)の件、次回さいたま地区懇の件紹介。

 今回の地区懇参加者は13名、懇親会はいつもの無国籍居酒屋で10名が参加、和気あいあいと楽しく歓談しました。

 次回のさいたま地区懇は2016年1月24日(日)午後、さいたま市氷川の杜文化館にて開催いたします。
奮ってご参加ください。

                                 
(田上有三)