◆会員数: 27名(2013年9月現在)

◆年間活動スケジュール:
   1月~2月: 新年例会
   4月~6月: 春の例会  (講演会,  親睦例会)
   11月: 秋の例会   ハイキング例会
                 日帰りバスツワー

◆申込先: 大迫明子       e-mail: a-osako@bcb.bai.ne.jp    Tel: 0798-74-151



    お知らせはありません

                 第29回WSC関西懇話会開催

324日 レストラン「リナッシュェル堂島」にて今年初めての会食懇話会を開催いたしました。

 参加者12

 築60年以上経つ日本家屋のイタリアンレストランで1階を貸切っていただき、ゆっくりとした雰囲気の中でまずは食事を楽しみました。

 新年会には少し遅くなりましたが、今年初めての懇話会ということで、食卓を囲みながらざっくばらんな形で会話を楽しみました。

 まず、昨年入会された山田様が参加してくださいましたので、山田様から旅の経験談を話していただきました。お話がとてもお上手なので、楽しく聞かせていただきました。

 行動力のある旅の楽しみ方は良いものです。

 続いて、世界の鉄道に詳しい谷澤さんから鉄道の旅の楽しみ方をお話ししていただきました。

 アメリカ、アジア、ヨーロッパで鉄道を組み入れた旅をされるのは下準備が大変だと思います。

 今は日本から簡単に世界の列車のチケットが申し込めるので、少し学べば自分にあった旅ができることは素晴らしいことです。

 ただ、特に日本を除いてアジアの列車の時間が正確ではないことから、多く待たされることを覚悟しなければなりません。突然ストライキで大変なことになることもあります。

 私の経験でパリに行った時のことですが、空港に着いて列車がストライキを起こしていると聞きました。

 既に日本で列車のチケットを買っていましたので、マルセイユまで行けるかどうか心配でしたが、何とか1日数本は出してくれるというので来る電車を待っていましたが、駅は人であふれかえり、とりあえず電車には乗れたのですが、1等座席指定まで行けず、立ったままでとりあえずプロバンスまで行きました。

 本当に大変な経験でしたが、そんな中、フランス人のボランティア精神にも触れ、今思うと二度とない思い出になりました。

 谷澤さんの経験は、鉄道マニアの方にはとても参考になるお話です。

 最近年を重ねて、もう海外旅行を卒業して日本旅行に変えた友人が多くいます。

 また若い方にも、海外旅行をしたくないという方が増えたと聞きます。

 素晴らしい経験や思い出は何ものにもかえられません。若者には大いに海外に出てほしいです。

 続いて、平山さんから娘様ご夫妻とヨーロッパ旅行をされたお話をしていただきました。

 娘様の友人の結婚式に参加される目的の旅でもあり、外地の方の結婚式に出席できるのは本当に素敵なことですね。日本の結婚式とは大いに異なり、まるで映画で見たシーンのようだったと話していただきました。

 お式の後、娘様ご夫妻とゆっくりとヨーロッパの旅を楽しまれました。

 娘様ご夫妻もアメリカに住んでおられ、平山さんも語学が堪能でいらっしゃるので、海外の旅は一味違う旅だと思います。

 幾ら旅に出たくとも、健康を損なうと旅に出られません。自分も家族も元気でいられる間、旅ができたら素晴らしいと思います。

 

 

                関西地区懇開催

<<日帰りバスツアーの旅>>開創1200年の高野山で心と体をいやす旅
日 時:2015年11月2日(月)日帰り
リーダー:大迫明子
参加者:計15名

関西地区懇では恒例の秋の日帰りバスツアーとして、今年開創1200年に当たり、世界遺産にも登録されている高野山を選びました。
前日まで開創1200年の記念行事があり、多くの方で賑わっていたそうですが、お祭りも終り、落ち着いた高野山を観光することができました。
当日、我々のバスはJR大阪駅を9時出発、11時には高野山に到着の予定が30分遅れ、11時に予定していたガイドさんを30分も待たせてしまいました。

到着後、高野山真言宗の総本山「金剛峯寺」を約1時間見学。金剛峯寺は見所が多く歴史的にも感慨深いものがあります。国内最大級の石庭「幡龍庭」は見事です。
雲海の中、雄、雌の龍が向かい合い奥澱を守っているように表現されているそうです。上から見ると龍の姿がよくわかると言います。
金剛峯寺を観光した後、大明王院で精進懐石の昼食をいただきました。宿坊の一室でいただく精進料理はなかなか乙なものですが、満腹感には欠けるように思いました。

昼食後、奥の院まで出かけました。奥の院は壇上伽藍と並ぶ高野山の二大聖地で、弘法大師入定の地でもあります。奥の院が弘法大師信仰の中心になっていました。

奥の院に行く参道には樹齢約700年以上の杉木立がそびえ、皇族諸大名を初めあらゆる階層の人々の墓石や記念碑,慰霊塔などが約20万基以上立ち並んでいます。企業の記念碑や墓石も目立ちました。
従来の墓石とは異なった個性豊かな墓石も数多く見られました。高野山は宗教を選ばなく、どのような宗教の方も祀られるそうです。
さすがに山の上だけあって紅葉もいたるところ美しい色で染まっていました。約1時間のフリー観光の後、高野山を後にしました。

当日の午前中は雨模様でしたが、高野山に到着したころには雨も上がり幸いでした。
たまにはこのような神聖なところを訪れ、歴史に触れるのも素晴らしいことだと思いました。

幡龍庭の石組みと白砂

 

当日の善男善女