語学研修の概要
  2015年の研修プラン
  語学留学の手引き














個人で学ぶ英語学校(シニア・コース)の手引き

 海外で英語を勉強したいけれどどうしたら良いか分からない、という方はご相談ください。イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど、英語を母国語にしている国々は沢山あります。アメリカ英語かイギリス英語か、語学の他に体験したい事があるか(例えば、スポーツのレッスンや、世界遺産巡りなど)、経済面はどうか等々考えて決めてください。

 1週間から1ヶ月以上、あるいは1年くらい、語学研修したいという方にも紹介できますが、メインとしているのは、50才以上のシニアを対象とし、主として2、3週間の研修カリキュラムを持つ語学学校です。

 語学研修と同時に、ホームステイをして現地の習慣、文化に触れたり、学校がアレンジしたツアー(費用は授業料に込み)に参加し、ステイを楽しみます。

現在、WSC国際交流委員会で紹介できるシニアコースを持つ学校を紹介します。

★ハワイ大学ヒロ校 Hawaii Community CollegeのIntensive English Program(IEP)

{特 徴}
 ★ハワイ島のヒロで、ハワイ大学のキャンパスライフを味わいながら英語を学べるコース。
    本格的に英語を勉強したい人や、ちょっと英語の勉強をしてハワイの生活を楽しみたい人に お薦めです。   
 ★インテンシブ・イングリッシュ・プログラム(IEP)は、ハワイ大学ハワイ・コミュニティー・カレッジ 付属の
   語学学校です。
   最上級レベルのレベル4を終了した場合は、TOEFLなしでハワイ・コミュニティ・カレッジに進学が可能。

 ★入学時期は1月・3月・5月・8月・10月の年5回

 ★I.E.P(週7時間 or 週13時間 or 週20時間)の1セッションは2カ月。
   *学生ビザなし(観光ビザ)で週7時間もしくは週13時間、2ヶ月間、
    学ぶことも可能です。
   *20時間コースは学生ビザが必要です。 
   *レベルチェックの結果によってそれぞれのレベルに分かれます。

    IEPは4つのレベルに分かれます。

 ★生徒数が少ないこともあり、学校スタッフと生徒がとても仲が良く、遠足等々イベントもいろいろあって、
   ハワイ の自然・文化に触れることができます。

 ★ハワイ島の魅力は何と言っても大自然。特にキラウエァ火山とマウナケアの星の美しさ。
   ハワイアンカルチャー(フラダンス・キルティング等々)を勉強してみたい人へもお薦めの 留学先。
   日本人の学生も多い。
    ヒロは日系人も多く物価も安く住み易いのが特徴。

 ★住まいは、大学のそばのアパート[下記参照]や、一軒家のルーム
   シェアで自炊生活になります。IEPの事務局でも手配してくれます。
   (近くに多数、日本の食品を揃えたお店もありますので安心です。)

 ★オプショナルサービス(有料$50):
     宿泊施設(ハウジング)手配を事前にしてくれます。
    *空港への送迎サービスは廃止されました。
   
 ★英語集中コースの授業料(一人当たりの税込み料金)
  週7時間(学生ビザ必要なし)   週20時間(学生ビザ必要)
  8週間: $735(1クラス選択)   8週間: $2,280(3クラス選択)
  2クラス選択の場合:
  上記料金の2倍になります。
.
*授業料に含まれるもの:
   レベルチェック, コンピューター室使用料, 大学諸施設の使用料, カンバセーションパートナー
 (ネイティブスピーカーと会話練習)、チューター、卒業式とビュッフェランチ、遠足などのアクティ ビティ等。
*上記以外の費用
  入学手続料: 39,000円   入学金: $75   教材費:現地にて購入 

 ★その他の費用について
   ・ビザ取得の生徒はI-20の郵送料 : $25-$50
   ・オリエンテーション初日に間に合わない人は Late Orientation Fee が必要: $50
   ・プレ・アライバルサポート(到着前サポート): $50  *空港との移動は自身で手配してください。
    初めての海外、または初めてヒロにいらっしゃる方に特にお勧めです。
    料金はスクールの都合により予告なく変更になる場合があります。

   ホームステイはありません。
   このプログラムに参加する生徒は、基本的に現地のアパート滞在となります。
   通学は通常徒歩または自転車となります。 
   プレ&ポスト・アライバルサポート(到着前/後サポート)13,800円を申し込むと、スクールがアパートの
   手配をしてくれます。このサービスには空港でのお出迎え、ショッピングトリップも含まれます。

 ★現地滞在先の例
   宿泊先 Tohbi Hale [大学まで徒歩10分・学生寮]  84 Olona St., Hilo, Hawaii 96720
*2ベッドルームを二人で使用(一人月550ドル) 
*二人で使用。居間・台所共用。
*敷金 550ドル(一人につき) 退去時クリーニング代を除き
  返還。
*家具付き(シングルベッド、机、椅子、ランプ、電気調理台、
  冷蔵庫、流し台、シャワー、トイレ)
*水道光熱費(最高月100ドルまで)込み
*電話代とケーブルTV代
  ・インターネット代は入居者負担
    簡単なお問い合わせ 卒業生:葭江(よしえ)   
e-mail: uh2006yoshio@yahoo.co.jp
ハワイ大学ヒロ校
Hawaii Community College IEP
へのお問い合わせ
  Email : hawcciep@hawaii.edu
  ?010-1-808-933-0807(?/email日本語ok)
     Website: http://iephawaii.com/ (日本語ページ有)


 ★ ヨーロッパの英語学校
 当クラブで、過去10年の歴史があり、200人近いメンバーが体験したイギリスのチェスター、イーストボーンの学校を紹介します。

 各学校のシニアコースとは、主として50歳以上の人を対象にた英語の勉強だけでなく、ホームステイ、観光を通して短期間でイギリスの文化に触れ、生きた英語を学べるよう考慮されたコースです。

 2週間コースと3週間コースがあり、学校での授業は月~金の午前中で、午後および土、日は観光またはフリータイムとなっています。時期は通常、春、夏、秋に組まれていますが、季節の良い春、秋がお薦めです。
(夏は若い人の参加で学校が混みあいます)
 
 クラスは少人数制をとっており、10人前後が普通です。様々な国の人と一緒に学びますが、地理的な環境のためか、スイス人が圧倒的に多く、その他、ドイツ人、ロシア人、など欧州系の人が主です。
 
 レベルは、ビギナー、ミドル、アドバンスとあり、アドバンスクラスは語学と同時に英国についても、学習しています。その他のクラスは、外国人に英語を教えるのに慣れたベテランの教師の指導の下に、和気藹々とした雰囲気です。クラスメートとのメール交換など、帰国後も交流が続く例もあります。
 
 ホームステイ先は学校が決めます。多少あたりはずれ(?)がありますが、学校に相談すれば、替えてもらえる事も出来ます。しかし、ほとんどのホームステイは学校ときちんと契約しているので、それほど、心配することはありません。ステイ先は原則、同国人は一緒にしません。(日本語を話さないように)

Eastbourne School of English

ロンドンの南80キロ、東サセックス州の海岸に面した美しい街にある。公園と庭園が多く、ブライトンにも近い。気候的に一番安定しており、学校から、美しい海岸まで、歩いて行ける。
学校は68年の歴史を持つ、非営利組織(NPO)の教育施設。

(学級)
初日にクラス分けのテスト。基礎的なクラスから上級クラスまで。
全くの初心者は受け付けていない。
3週間の授業で、月曜から金曜まで午前中授業で、午後はエクスカーション(課外活動)。1~2人の先生が同行して、イギリスの歴史や景観
                     を楽しむ。

  (ホームスステイ)
  学校に入学願書を出すとホームステイ先を連絡してくれる。食事は朝・夕2食で、土日は3食付き。

  (交通)
  ヒースロー空港から空港バスで、ロンドンヴィクトリア駅に行き、そこからイーストボーン直行の
  電車を利用する。

  (費 用)
   3週間で £1272(授業料、エクスカーション、ホー ムステイ込み)

   
  以下の学校もほぼ同じ内容です

English in Chester
1976年に設立されたチェスターでは唯一ブリティッシュカウンシルによって認定された語学学校.。
講師陣は全て英語教授経験を持つ有資格者で、質の高い英語教育を進めています。

授業以外では、学生ラウンジや中庭などで、先生、スタッフや生徒同士の交流機会や、平日午後と週末に行われるアクティビティを通して、お互いにコミュニケーションをとりながら、暖かい雰囲気の中で学生生活を送れるような
環境を 創出しています。

チェスターはマンチェスターの西50キロにあり、中世の
面影を色濃く残し、城壁に囲まれた街。学校は街の中心
部にあるので、ショッピングなどにも便利です。



EC Malta(マルタ共和国)
 マルタは古来より地中海の要衝にあるため、数多くの民族の侵略を受け、幾多の歴史的変遷をとげました。最終的に イギリス人によって支配されました。1964年にイギリス領から独立したため英語圏です。
       
 首都はバレッタで、マルタには約40の語学学校があるなか、第2の都市セント.ジュリアンズにあるECマルタ校で
50+のシニアクラスで2週間勉強します。


  35を超える国や地域から留学生が集うマルタ最大級の語学学校。マルタの中心地セントジュリアン
  に位置する近代な校舎の学校です。メインの校舎は二つ、双子のようにストリートをはさんで向かい
  合っています。この通りは休み時間ともなるとECの生徒達で一杯となり、素晴らしい国際交流の
  舞台へと変わります。2010年に改装された校舎はどこも最新の設備で快適な学習環境です。


提携先のスポーツクラブ、最高級ホテルのビーチリゾート
 (夏季のみ利用可能)などにより放課後の留学ライフが
アクティブに楽しめ満足度も高い。
日本人女性スタッフがカウンセラーとして働いているので、
英語力に自信が持てない留学生の方でも安心です。