日本語ボランティアとは
  コロラド州 CSU
  コタキナバル SMSサバ
   校
  コタキナバル JCTIC
  現在の募集状況
















             コタキナバルの国立大学で日本語講師に
                   ~佐藤昇一さん大活躍を紹介~


                                             コタキナバルから報告  青島 岑郎


 佐藤昇一さんは今年1月に長年勤めていた銀行を早期退職し、2月~4月の3カ月間、コタキナバルのJCTICで
日本語ボランティア活動を体験しました。

 コタキナバル(通称KK)は東マレーシアのボルネオ島にあり、サバ州の主都。人口はおよそ47万人。成田から直行便でおよそ5時間半、LCC(格安航空)でクアラルンプール経由であり、日本からもっとも近いマレーシアの玄関口になります。ビーチサイドには瀟洒なリゾートホテルが点在し、一歩奥に入ればそこには大自然がそのまま残っています。 

 以下は佐藤さんのお話を要約します。

海外での日本語教師を目指して

 定年を意識し始めたころから海外でのロングスティを計画していました。単にロングスティではと思い、海外で何か役に立つことはないかと考えていました。そして、日本語ボランティアが出来ないか…と考え、勤めの傍ら日本語教師養成学校へ通いました。無事420時間のコースを修了。ネットで探していたところWSCのホームページに出会い、KKで日本語ボランティアをしていることを知りました。

佐藤さんの趣味は「スキューバダイビング」とゴルフ。KKは有数なスキューバの基地として有名な場所です。趣味と実益がかなうKKでロングスティをしてみたいと思ったそうです。そこでさっそくWSCに入会しました。

UMS(University Malaysia Sabah)

 マレーシア国立サバ大学、通称UMS。サバ州唯一の国立総合大学で、文系・理系・医学・水産学まであります。広大なキャンパスを移動するにはバスに乗ります。日本語は第二外国語で、1クラス30人x12クラス≒360人の学生が日本語を勉強しています。これを5人の先生で担当しています。日本語は一番人気で他に韓国語、中国語、インド語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語などもあります。

ロングスティ先としてKKを選んだ理由

 現役の時、一度KKに遊びに来ました。そこ感じたことは、KKはアセアン各地へ行く場合とても便利で、安価なLCCがKKから各地へ直行便を飛ばしています。ここをベースにすると便利で安く東南アジア各地に行けます。フィリッピンまでRM60(約1900円)で行けたこともありました。KKをベースにしてアジア各地を旅行してみたい・・・無論スキューバとゴルフには不自由しない場所です。

 さらに、生活のしやすさ(物価は日本の3分の1という安さ)や、社会インフラ(無線WI-FIスポットは市内に多数、東京より多いほど)が進んでいること、多民族国家(マレー系6割、中国系3割、インド系1割)なので日本人を外国人扱いしないこと、自国の人と同じ「えがお」を作って迎えくれる事等など。これがロングスティ先をKKにした決め手となりました。この国のロングスティビザを取得して住んでみたいと思うようになったそうです。

マレーシアのロングスティ・ビザ(MMⅡH)

 近年マレーシアのロングスティ・ビザに人気が高まっています。全世界40か国近くでこの種のビザ制度があるそうです。嘗ては多くの日本人が取得できていたオーストラリアのこの種のビザは、近年あまりにも高額になってしまい、「手が届かない」のが実情のようです。そこで今マレーシアへと目が向いてきたのかもしれません。

 MMⅡH(My Malaysia second home program)、マレーシアのビザの名前です。「第二の故郷・・・」は10年間滞在可能であり、50歳以上の人に適用のリタイアメントビザです。

 ビザの取得条件は
 *MAの銀行にデポジットRM150,000(約500万円)を預けること。
 *定期収入一か月RM10,000(約33万円)以上あること。
 *金融資産RM350,000(約1、100円)以上あること。
 *犯罪歴がない事等などです。

 専門職であれば週20時間以内の就労が可能で、この条件があるため大学講師になれました。

わずか3か月の現場経験で大学講師へ

 佐藤さんの日本語教師歴はJCTICだけです。420時間の講習は履修していましたが、実戦経験は皆無でした。
今年2月にてJCTICへ来て初めて教えたそうです。4月まで3か月間一クラスを担当しました。

マレーシアでトップクラスのレベルと評価が高いJCTIC

 毎年外国人による「世界日本語スピーチコンテスト」が行われています。マレーシアも毎年クアラルンプールで全国大会が開催され、チャンピオンを日本で行われる世界大会に派遣しています。このマレーシア大会で毎年入賞者を出しているのがJCTICです。

 したがって、指導者はマレーシアでもトップクラスのレベルだと評価が高いのです。今までも、岡村先生・コーさんのお二人がJCTICからUMSの講師になっています。二人とも現地の方で、WSCのボランティアから大学講師の道へ進めたのは
佐藤さんが初めてです。

大学講師への道

 日本語教師はキャリアが優先される世界ですので、佐藤さんは異例のことでしょう。無論、この時期突然、大学でに日本語教師の欠員が出来てしまった・・という運のよさはありましたが。

 佐藤さんの人柄の良さ、能力の高さが高く評価された結果、採用されたのです。ご本人は当初就任を固辞されていたようですが(経験が少ない事に不安があったようです)、周囲の皆さんに背中を押され(このようなチャンスはめったにない・・・大学の先生には成りたい人は多数いる、でもなかなかなれないのが現実等など)、踏み切ったそうです。

 幸いUMSで使っている教科書は「みんなの日本語」JCTICと同じです。1クラス30人と生徒数は多く(JCTICは一クラス4~5人)、丁寧な指導法が要求されるそうです。UMSへ入学できる生徒はマレーシアでも優秀な生徒なので、すぐに日本語をマスターしてくれるようです。

 とてもやりがいのある仕事、与えられたチャンスを生かし切磋琢磨して活動していきたい、と佐藤さんは話していました。

 WSCの会員がマレーシアののKKで大活躍している事をご紹介しました。









  前のページに戻る