日本語ボランティアとは
  コロラド州 CSU
  コタキナバル SMSサバ
   校
  コタキナバル JCTIC
  現在の募集状況
















正式名称

  Japan Cultural & Travel Information Center (JCTIC)

    1クラス3人〜8人程度で2教室の小規模な日本語専門の私立の語学学校


  <所在地>

  東マレーシア(ボルネオ島の北西部)サバ州の州都・コタキナバルの中心

  コタキナバルは、世界遺産で東南アジア1の高峰キナバル
  山(4095m)まで車で2時間程、南シナ海に点在する5つの
  島々が眼前に広がる大都会。  (人口50万)

  近辺には世界的な海辺のリゾート施設が点在し、海、山
  両方 のリゾートライフが楽しめる。

  ゴルフ、マリーンスポーツ、テオレッキング等のアクテビティ
  も充実しており、格安で体験できる。

  コタキナバルには成田より週2便の直行便の他、クアラルン  プール、シンガポール、香港等を経由の便が多数就航して  いる。 (直行便は5〜6時間位)


活動概要

  ボランティアながら単独でクラスを任され、主体的に授業を担当。

  教材、教科書等は充実しており、日本語教育の未経験者でも十分対応可能。
   (懇切丁寧な「教え方の手引き」あり)

  担当クラスは原則月〜金の夜間(17:50〜21:00)で、ある程度  選択も可。
  使用教科書は「みんなの日本語初級T、U」 (スリーエーネットワーク発刊)。

  活動期間は旧正月休み(不定期だが大よそ1月下旬〜2月に1週間)を除き、2ヶ月以上が望ましい
  が、1ヶ月程度でも可。

  教室も宿舎もコタキナバル市内の中心街に立地し、日常生活、レジャーに至便。

  土・日は勿論、授業のない平日の昼間は南国の開放的な環境下、ロングステイライフを思う存分
  楽しむことが出来る。



宿  舎

  滞在するマリナー・コートはJCTICから徒歩5・6分。
  ウォーターフロントに立地し、グレード、規模等あらゆる点で
  コタキナバル随一のコンドミニアム。

  10階の1ユニットにある個室3部屋(各ベッドルーム)を
  をルームシェアーする。
  最大単身者で3名、夫婦1組と単身者2名で4名まで滞在   可能。
  バス・トイレは2カ所あり、キッチンにh自炊設備が完備。

  近くに大型ショッピングセンター、スーパーがある。
  周辺には多彩なレストランも揃い、外食にも不自由しない。
  夕方には近くにマーケットが出て、新鮮な野菜や果物、魚介類を格安で購入できるので、地元の
  食事を使って自炊するのも楽しい。物価は日本の3分の1程度。
  
  何名滞在しても一人当たり月額使用料RM1,400。
  使用料には光熱・給水費、NHK海外放送受信料、コタキナバル市内固定電話料が含まれる。

  オーナー(氏原さん)はご夫妻共々あらゆる面で便宜をはかってくれるので、安心して滞在できる。


滞在経費

  宿舎代は上記の通り1ヵ月RM1,400 (2012年5月現在1RM=28円程度)

  食費は朝食は自炊、昼・夕食は外食として1日当りRM40程度で十分。

  通信費等の雑費、観光・娯楽費は各人各様だが、一例としてキナバル高原日帰りツアー代が  
  RM250程度(昼・夕食付))

  宿舎舎と食費でトータル1ヵ月RM2,600 (1RM28円として73,000円、
  その他かなり大目に見積もっても、27,000円以内≒1,000RM、合計月当り100,000円以内で
  日常生活と相応のレジャー可。


注意事項

  WSCの日本語ボランティア活動は、個人の自由意志で参加していただくものです。

  長期間の活動はすべて個人行動であり、宿泊施設は民間経営のアパートであるなど、一般の
  旅行とは環境条件が大きく異なっています。

  この活動に参加されるにあたっては、一般の観光旅行用の傷害保険では不十分ですので、
  損害保険各社が扱っている「留学保険のアパート利用プラン」に準ずるものに、必ず各自で
  加入することが参加条件です。


  コタキナバルへのお誘い (PDF)
  体験レポート その@ (PDF)  
  体験レポート そのA (PDF)  
  体験レポート そのB (PDF)
  体験レポート そのC (PDF)
  体験レポート そのD (PDF)
  JCTICでのボランティアからマレーシアの国立大学講師になった佐藤さん